からふるDiary

からふるDiary

イラストとか漫画とか気軽に

おはぎの過去服

スポンサーリンク

処分したり、もう似合わなくなったりしてしまったけれど、大好きだった服を書いていきます。 ※自画像じゃないです。

f:id:ohg0524:20150923021605j:plain

20〜21歳頃

鮮やかな青い服で、全く同色のボタンが袖のところにたくさんついていました。なんとも中二心をくすぐるアイテム…。重ね着が好きだったので、この袖が出るものが大好きでしたし、これ1枚できてネックレスをごろっとつけるのも好きでした。色がすごかったのでこれだけでもインパクトがありました。結婚の引越しで荷物を減らす時に服は一部友達に譲ったのですが、この服は「あの子の方が似合いそうだな〜」と思った友達の手元に行ったことがとても嬉しかったです。好きだけれども持て余すアイテムってありますよね。彼女が私よりも上手に着てくれていたのがすごく嬉しかった!

 

アクセサリーも大好きだったけれど、趣味が変わったり、年齢的にきつくなって手放したものがたくさんあるので、そのうち書いていきたいですね。

 

成人してからはロングが多かったのですが、ヘアカラーやパーマをやりまくる上にまめに美容院に行く方ではなかったので一定の長さ以上がなかなか出ず、一度でいいから髪ブラができる長さにしたいと思い、エクステでできるMAXの長さを出してもらってつけたことがあります。オーダーミスってなぜか3色くらい混じっていましたが…。長さがすごく気に入っていたのですが、いつまでたってもグルーにひっぱられた頭皮が痛かったのと、その時の会社がめちゃくちゃ忙しかったので、痛いとイライラしたので職場でそのままハサミで切ってしまいましたね。そう、勤めてたんだよな〜この頭で。まあ、いろいろめちゃくちゃな職場だったので別に大丈夫でしたが