からふるDiary

からふるDiary

イラストとか漫画とか気軽に

紙で伝わるもの

スポンサーリンク

ミニマリストと紙ものの相性は最悪。自分も断捨離をする前は紙ものが大好きでした。お店や街でみかけたDM、印刷が素敵なパッケージ、ライブや映画のフライヤーといった印刷物もものすごく溜め込んでいました。

そういったものは今は殆ど…いや残ってないかな?処分をしました。ですが私は印刷物や紙物が大好きです。大好きすぎて印刷会社のDTPデザイナーをしていた時期もありました。印刷会社のデザイナーは職人技です。

紙の種類や使用用途、印刷方法にぴったりあった最適なデータを作ります。そういう先輩にとても憧れながら働いていました。まあ、ちょっとわからない人にはさっぱりわからない内容かもしれませんが…。パソコンでやってる仕事ですが、かなりの部分が経験と感覚が必要となってくる仕事です。

そういった現場を見てきているので、ミニマリストのペーパーレスにしていく姿勢は少し寂しい気持ちにもなります。電子書籍がよい例ですね。よくてパンフレット止まりで本のデータを作ったことはありませんが、作り手のみなさんはその本のコンセプトを元に色合いから紙質の風合い、特殊印刷がある場合はその見栄えをコストも頭に入れて必死に考えて作っているはずです。

今の世の中の流れ的にもペーパーレスになってきているので印刷業快適には厳しいご時世ですが、まだまだデーターではカバーできない紙や印刷で伝わるものがあると思っています。手紙も紙だからこそ、手書きだからこそ伝わる温度や存在感があります。